ブログ

転勤で3年放置した水槽

3年前に転勤で引っ越し、止む得ず置いてきた水槽はどうなっているのか?

3年前はメダカとエビとオトシンクルスがおり、侘び草も育てていました。

引っ越しを機に、ろ過装置とヒーターを止め、ポンプだけ稼働している状態にしました。

生体の状態

レッドファイアシュリンプが生き残っています。

他の種類のエビもいましたが、淘汰されて全てレッドファイアシュリンプに…

大体20匹前後で、メスが6匹くらいでしょうか。稚エビもいました。

家の管理を両親に任せていたので、水槽の水を継ぎ足すことくらいしかしていません。

全く手をかけなくても生き残っています。

水草は全滅で、ウィローモスしか生き残っていません😓

水槽の状態

水槽の底の部分のパッキンが1/2以上減っているので、水漏れが心配です。

初期化するにあたって、水槽は新しく買い直すしかないかなと思っています。

ソイルの上にヘドロが1cm以上積もっていて、底にあるソイルも潰れている状態ですね。

帰宅後に抱卵しました!

転勤から戻った3日後、オスのシュリンプが水槽内を舞っていたので、もしかしたら抱卵の舞かなぁと思っていたら、次の日に抱卵個体を見つけました。

久しぶりでちょっと興奮😅

レッドチェレーシュリンプかな?と思うものの、メスの色が濃いのでレッドファイアシュリンプかもしれません。

3年放置して分かったこと

放置して見て分かったことは、手を全くかけなくてもシュリンプは生きているということ。

シュリンプが死ぬのは、きっと人が手を入れすぎて、ストレス死しているのかもしれませんね。

一旦環境が整えば、基本放置でOKなんだと思います。

ただし、これはシュリンプだけ飼っている状態に限ります。

他の魚と混泳している場合は、水が汚れる頻度も高くなるので、どうしても人の手を入れる頻度も多くなります。

ほそぼそと生き残っているのを見ると、シュリンプは水槽内の環境に左右されやすい、一番弱者でありながら、実は一番強い生命力を持っているんだなと思いました。

ABOUT ME
Eternal-tears
旦那をそそのかしてアクアリウムに熱中させ、水槽にエビを放ってアクアリウムとエビを育てているアクアリウム初心者です。 失敗を繰り返してようやくエビを安定して育てられるようになったけれど、突然の転勤で家に水槽を放置して3年目突入。 そして、人の手を入れない方がエビは元気だということを悟った……。
シュリンプ通販サイト
[1]Charm
毎回ミナミヌマ系シュリンプを飼う時はcharmさんにお世話になっていました。
速い時は注文した翌日に届くくらい超特急です!
生き物なので、速さが勝負ですね。

毎回元気で生きの良いシュリンプが届きました!
ゆっくり水慣れさせてから、水槽に放つとツマツマしている姿に癒やされる日々でした。

今まで死着は1匹のみでした。返金手続きもスムーズで、毎回満足でした!

評価

詳細ページcharm 楽天市場店

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください